精力ドリンク・サプリメントを購入するその前に、貴方のタイプをチェックしましょう!

精力ドリンク・サプリメントとして売られているものには色々な名前で薬局や通販で販売されています。 「性力増強剤」「強精剤」「強壮剤」「精力サプリ」「漢方」「精力増強ドリンク」「性欲増強ドリンク」「精力ドリンク」などと表記されています。

精力剤を通販で買ってみたいけど、どれが良いのかわからない
 ⇒これさえ読めば迷わない!精力剤を購入する際の鉄の掟

実際に売れてる勢力剤、口コミ、人気ランキングはやっぱり気になる
 ⇒精力剤情報局推薦 精力剤人気ランキング

40代、50代にオススメの精力剤(性力増強剤)は?
 ⇒40歳からの精力剤!忙しい40代、50代の方は是非試してみてください!

精力剤(性力増強剤)に求めるのは即効性!普段よりも強力になりたい!
 ⇒精力剤の即効性を求める場合の注意点

最近元気が足りない。自信をつけたい…
 ⇒精力剤で精力&自信回復!

ペニスを今より大きくしたい!カチカチにしたい!勃起力を付けたい!
 ⇒モニター調査済ペニス増大サプリはゼファルリン! 包茎治療はこちら

何故精力剤が効かないのか? 効く精力剤と効かない精力剤の見分け方

精力剤を飲む

精力剤情報局 人気記事ピックアップ

コンビニで売っている精力剤の効果について
コンビニに売っている精力剤(性力増強剤)は効果が感じられない3つの理由や、日ごろからの体調管理で慌ててコンビニで精力剤を買わなくても良い身体の作り方などをご紹介しております。

バイアグラと精力剤の違いについて
ED治療に使われるバイアグラ。バイアグラってそもそも何?精力剤との違いは?精力剤(性力増強剤)って薬なの?どっちがどんな効果があるの?つまり、どっちを買えばいいの?色んな疑問が吹き飛ぶ人気記事です。

コンビニや薬局で売っているマカの効果について
マカは成分の名前ではありません。200r配合は多いのか少ないのかも分からない状況で購入すると失敗します。コンビニや薬局で購入する場合はパッケージに惑わされず、きちんと成分、含有量を確認しましょう。ちなみにタウリンは成分の名前。

栄養ドリンクで精力増強が期待できるのか
栄養剤として、滋養強壮としての有効成分ではなく、あくまでも精力増強、勃起薬として、コンビニで販売されているドリンク剤の中で効果が期待できるかどうかだけの目線で評価しました。 やはりコンビニって割高だなと感じました…。

精力剤を調べる

初めての方が絶対失敗しない100%返金の精力剤の購入方法はこちら

精力剤の成分について

精力剤の成分は医薬品と、その他の成分があります。 医薬品では、いずれも第一類医薬品に類される予定であり、薬局、薬剤師から購入する必要があります。 最近では、医薬品よりも手軽に買える東洋医学的な漢方成分が人気ですね。 飲んでみればわかると思いますが、東洋医学、馬鹿にできないです。

精力剤の成分(医薬品)

テストステロン、メチルテストステロン、ストリキニーネ、ヨヒンビン、ジゾノールなど

精力剤の成分(漢方等)

スッポン、マムシ、マカ、ニンニク、オットセイ、サソリ、高麗人参(朝鮮人参)、亜鉛など

本当に良い精力剤は、30代以降に必要な栄養補助食品です!

きちんと体の事を考えられている日本製の精力剤は、30代以降に必要な栄養の補助をしてくれる非常に優れたサプリメントです。
最初は夜の生活の為に飲むという方が多いのですが、体の調子が良くなり普段から常用するなんてことも。
もちろん当サイト管理人もその1人です。
精力剤に含まれているアルギニンは成人病・生活習慣病の予防にも大いに役に立ちます。
身体全体の血流を良くし、基礎代謝を上げてくれる役割があるそうです。
アルギニン量ナンバー1「FORCE」日本製の精力サプリメント「The GOLD」
1年以上飲んだ管理人の性生活以外にも感じた効果は、

・エスカレーターを使わず階段を使うほど元気に!
・だるい、めんどくさいとあまり思わず、何事にも精力的になった!
・行動的になり、体重が5キロ、体脂肪率が3%落ちた!

もちろん全てが精力剤の効果とは思いませんが、間違えなく健康的に生活を送るきっかけになってくれました。
精力剤は、薬ではなく漢方薬に近いんだなと実感しました。

漢方の精力剤について 医薬品と漢方(サプリメント)の違い

漢方=漢方薬と思われがちですが、実はそうではありません。 東洋医学の治療法のひとつに漢方薬を用いた治療があり、この他に鍼灸・整体・気功・薬膳・養生などを含んだ広い意味で使われます。

医薬品(西洋医学)

西洋医学はからだを臓器ごとに細かく分けて考えるため、薬も特定の病気や症状に効くように作られています。 そのため、急性病には非常に速い効果が出ます。バイアグラの効果が強い理由もそのためです。

漢方、サプリメント(東洋医学)

一方、四千年前からある東洋医学は「病気を治すのではなく、病人を治す」と考えます。 漢方薬は生薬(しょうやく)とよばれる植物や動物、鉱物などを2種類以上組み合わされて作られたものを指し、その中で精力回復によいとされているのが スッポン、マムシ、マカ、ニンニク、オットセイ、サソリ、高麗人参(朝鮮人参)、亜鉛などです。

漢方には気(き)、血(けつ)、水(すい)の3つを正す考え方が用いられています。

  • 神経に作用して精神を安定させ気分障害をなくしたり
  • 血液の循環を良くして臓器機能などを向上させたり
  • 水分不足や水分過多をなくしたり
  • 体内の毒素や、余分な水分(むくみ)を排泄させたり

これらの作用により、体の本来の機能を回復させ、体の様々な不具合を治していく・・というものが漢方療法です。
材料や治療の考え方は大昔に中国から伝わってきましたが、必要な材料を加工して錠剤やドリンク状にした「漢方サプリ」は日本独自のものだと言われています。

精力剤情報局 新着情報

2013/12/19
2013/08/29
2013/06/28
2013/06/06
2013/06/03
2013/04/27
2013/03/20
2013/03/05
2013/02/02
2012/06/13


当サイトについてのお問い合わせは
support☆ocaimono.com ☆を@に変換してください。



精力剤で損しないために

何故精力剤が効かないのか? 効く精力剤と効かない精力剤の見分け方